banner

パーツ名称を理解する

ホームページ作成のためにパーツ名称を理解するホ

ームページ作成のためにパーツ単位で作ることが重要です。HTML内にコメントを書いてパーツ単位として扱います。名称は、英語でも日本語のどちらでも良いです。

文字コードの設定で文字化けが発生する可能性があるので、英語の方がベターです。各パーツのHTMLを用意して適切な場所に配置してデザインの作成を行います。コピー&ペーストと簡単な改修ですむ状態にすると作業効率が速くて良いです。

ホームページの各ページに同じパーツを配置する場合は、PHPを使用できる場合に共通ファイルとして読み込むことでパーツに対して1ファイル編集のみ対応ができるようになります。

PHPが使用できない場合は、エディタを使用して編集を行います。編集したソースをエディタの機能を使って置換を行います。これで人為的に1ファイルずつ編集した場合よりも、確実な編集を行うことができます。

ホームページにバナーを設置する場合やアフィリエイト広告を設置する場合も1ファイル編集ができると便利です。基本的にデータベースを使わない場合でもPHPが使えるだけで、手間が省けることが多いので便利です。

ホームページ上の繰り返しで作る部分は、プログラム的に組んだ方が良いです。例えば、PHPの定数配列を作成することで、テーブルのソースコードが同じでヘッダー情報だけ違うソースを作ることができます。これができるかなりホームページ作成で楽ができます。さまざまな使い回し部分を定数配列だけ変更すること目的の表示を作ります。場合によっては、時間帯に応じて広告内容を変更したい場合にも有効です。HTML内に時間指定のPHPコードを埋めるだけで、その時間だけ表示を行うことができます。アクセス解析を行ってユーザ同行を知り適切な広告を載せます。アクセス解析用にGoogle アナリティクスを使います。アクセス数が膨大の場合は、難しいです。数万人レベルのアクセスならば、これでユーザの動向を細かく分析できます。配置も非常に簡単です。Google アナリティクスの管理ツールから各ページのアクセスやリファラーを見て考察をします。デザイン上の修正や負荷や広告の調整を考えます。Google アナリティクスグラフや統計処理を上手く使いながら、サイトの最適化を図ります。デザイン面は、CSSの調整を1ファイル内の編集で全て対応できる状態にします。各フォームごとにデザインが異なると修正が大変になるので、ファイル修正ですむように作っておきます。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作をする注意点を知って人に見てもらうサイトを作るAll Rights Reserved.