banner

誤用を防ぐには?

ホームページの作成で誤用を防ぐには?

ホームページの作成で記事の誤用は、御法度です。しかしホームページほど誤用が目立ちます。いろんな人が簡単に情報ができるため正しくない記事が掲載されることもあります。

それを見極める必要があります。単純にどこかの個人ホームページが述べている感想を、そのまま信用することはできません。最低限の記事内容に客観的な根拠を提示する必要があります。

何が原因で結果を得たのかが明確に記されていない記事は、信用できません。記事内容の成否を判定する上でも重要な証拠なので、無いと間違っていた場合の訂正が難しくなります。

客観的な内容を述べていた場合でも、他の人の主張について調べます。google検索を使い記事の検証をします。信憑性に問題無い場合は、記事のリファレンスを書いて記事を書きます。

リファレンスが無いと、盗用扱いとなる可能性があります。また転載禁止サイトもあるので、規約を読まないといけません。規約が無い場合は、記事を書いた本人に転載許可の依頼をします。転載を行う場合は、それなりの権威ある人のリファレンスをした方が良いです。

素人やノンプロのサイトよりも学術文章を書いている人の方が、信憑性もあって有利になります。学術関連の人のホームページは、学術論文のような「である」が多かったりします。運営しているページが「である」の場合は、良いです。です・ます文章に「である」を使うと変に思われます。

文章内容の方針を一致して書かないと誤用と判定される恐れがあります。ある程度の文章を書いた場合は、マイクロソフトのwordを使って、スペルチェックをします。

この機能は、最低限のレベルです。過信は、禁物です。文法上の間違えを、正しい文章に修正します。文字数を判定しながら、文章を整えます。一般的に文章は、70文字以下にしないと読んでくれないと言われています。長い文章を長々と書くと読まれない傾向があります。

70文字以下に極力抑えて、主語と述語を近くに配置します。こうすることで、非常に判り易い文章を書くことができます。ビジネス文章も通じる部分ですが、ホームページ上も非常に有効な方法です。あと接続詞を上手く使って文章を短く切ってあげます。

こうすることで、読みやすい文章を作ります。文章のコピー&ペーストでは、盗用の危険と文章力の無さが伝わる可能性があります。これぐらいの文章修正を行うと、元の文章のコピー&ペーストでもオリジナルくらいの価値ある文章が書けます。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作をする注意点を知って人に見てもらうサイトを作るAll Rights Reserved.