banner

フレーム4分割

フレーム4分割でホームページ

ホームページを見やすくするには、いくつかテクニックがあります。デザインを決める上でフレーム分けを考えます。分割しない・2分割・3分割・4分割のどれかに分割します。

割と最近のホームページは、4分割にして作成することが多いです。個人レベルのホームページの場合は、4分割フレームにします。1フレームにロゴやメインリンクの表示を行います。1フレームに各カテゴリリンクを表示させます。

1フレームにアフィリエイト広告を掲載します。1フレームの記事の掲載を行います。

表示のさせ方は、いろんなサイトを見ながら自分にあったものを選択します。ホームページのフレーム分けを行ったら各場所のHTMLの作成を行います。デザイン面が苦手な人は、無料テンプレート集がgoogle検索をして見つけることができます。

著作権についての記載を見て問題無い場合は、それを利用すると良いでしょう。無料テンプレートや素材で足りない場合は、カスタマイズを行います。カスタマイズが可能なのかも、調べておきます。カスタマイズが不可の場合もあるので、それも考慮する必要があります。

素材の作成も重要です。ホームページのデザインを決める上でも素材を上手く使う必要があります。無料素材だけでは、物足りない場合に自作を行いましょう。フリーのドローソフト「 Inkscape」を使って素材の作成を行います。Adobe Illustratorレベルの作品を作りたい人には、有効なソフトです。あとフリーの超高機能グラフィックソフト「GIMP」を使うことで、良いボタンやタブの作成ができると思います。

レイヤー、アルファーチャンネル、豊富なエフェクトやAdobe Photoshopのプラグインが使えて何でも多彩に行うことができます。この2つのソフトは、非常に多機能なソフトです。

素材作りを考えると使いこなせないぐらい多機能でもあります。シンプルなペイントレタッチが欲しい人は、「Pixlr Editor」が良いでしょう。シンプルで且つwebアプリなので、どの環境でも使用することができます。

インストールが不要で、簡単な編集やエフェクト追加に便利です。作った素材を各場所に配置します。

HTMLのソース編集ですが、自分に合ったエディタを使って編集を行います。「 Crescent Eve」を使って編集を行うと作業効率が上がります。HTMLタグ入力補完機能が非常に便利です。慣れてくれると、調べずにHTML作成ができるようになります。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作をする注意点を知って人に見てもらうサイトを作るAll Rights Reserved.