banner

ホームページの維持費

ホームページの維持費は人件費とサーバーの管理費

ホームページを公開した後は維持をしなければなりません。サーバーにアップロードすれば、後は何もしなくてもいいというわけではありません。

維持のためには当然費用がかかります。どのようなものに費用がかかるのかは大きく分けて二つあります。
まず、人件費です。ホームページを作る人に対しての人件費ではなく、ホームページを管理する人への人件費です。たとえば、メールなどで問い合わせがあった場合、それに応える人を用意する必要があります。

また、プログラムを使っているホームページの場合、そのプログラムの更新作業をしなければならない場合があります。たとえば、サーバーを構築して、そのサーバーでホームページを運営しているという場合、サーバーのプログラムで新しいバージョンのものが出たら更新しないといけません。なぜ更新が必要なのかというと、セキュリティを保つためです。

新しいプログラムが出たのに更新しないでいると、脆弱性を突かれてサーバー内にある個人情報にアクセスされるといったことが起こりえます。そうなると、サーバーの管理者、あるいは、ホームページを運営している会社や個人の信用問題が出てきてしまいます。

もう一つの維持費はサーバーの管理費です。たとえば、自宅でサーバーを立ち上げてホームページを運営している場合であって

も、サーバーを動かす電気代が必要です。サーバーをサーバー会社から借りる場合は、レンタル費用が必要です。

サーバーにかかるお金は非常に幅があり、高いサーバーもあれば安いサーバーもあります。安ければ安いほど維持費はかからないことになりますが、あまりにも安いとサーバーのスペックが低すぎて、ページがなかなか表示されなかったり、あるいはまったく表示されないということがあります。また、データのバックアップを取っていなくて、サーバーが壊れてしまうと、一からホームページのファイルをアップロードしなくてはいけないということもあります。

安いサーバーのすべてでそういうトラブルが起きるわけではないですが、安いサーバーには安いなりの理由があるということを知っておきましょう。

高いサーバーだと管理の部分では安心出来ることが多いですが、会社のサイトならまだしも、個人が趣味で運営しているホームページの維持費に毎月何万円もかけるのは勿体ないです。なので、バランスを考えてサーバーを探しましょう。個人のサイトであれば毎月数百円のサーバーでも充分の場合がほとんどです。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作をする注意点を知って人に見てもらうサイトを作るAll Rights Reserved.