banner

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

誤用を防ぐには?

2014-11-04

ホームページの作成で誤用を防ぐには?

ホームページの作成で記事の誤用は、御法度です。しかしホームページほど誤用が目立ちます。いろんな人が簡単に情報ができるため正しくない記事が掲載されることもあります。

それを見極める必要があります。単純にどこかの個人ホームページが述べている感想を、そのまま信用することはできません。最低限の記事内容に客観的な根拠を提示する必要があります。

何が原因で結果を得たのかが明確に記されていない記事は、信用できません。記事内容の成否を判定する上でも重要な証拠なので、無いと間違っていた場合の訂正が難しくなります。

客観的な内容を述べていた場合でも、他の人の主張について調べます。google検索を使い記事の検証をします。信憑性に問題無い場合は、記事のリファレンスを書いて記事を書きます。

リファレンスが無いと、盗用扱いとなる可能性があります。また転載禁止サイトもあるので、規約を読まないといけません。規約が無い場合は、記事を書いた本人に転載許可の依頼をします。転載を行う場合は、それなりの権威ある人のリファレンスをした方が良いです。

素人やノンプロのサイトよりも学術文章を書いている人の方が、信憑性もあって有利になります。学術関連の人のホームページは、学術論文のような「である」が多かったりします。運営しているページが「である」の場合は、良いです。です・ます文章に「である」を使うと変に思われます。

文章内容の方針を一致して書かないと誤用と判定される恐れがあります。ある程度の文章を書いた場合は、マイクロソフトのwordを使って、スペルチェックをします。

この機能は、最低限のレベルです。過信は、禁物です。文法上の間違えを、正しい文章に修正します。文字数を判定しながら、文章を整えます。一般的に文章は、70文字以下にしないと読んでくれないと言われています。長い文章を長々と書くと読まれない傾向があります。

70文字以下に極力抑えて、主語と述語を近くに配置します。こうすることで、非常に判り易い文章を書くことができます。ビジネス文章も通じる部分ですが、ホームページ上も非常に有効な方法です。あと接続詞を上手く使って文章を短く切ってあげます。

こうすることで、読みやすい文章を作ります。文章のコピー&ペーストでは、盗用の危険と文章力の無さが伝わる可能性があります。これぐらいの文章修正を行うと、元の文章のコピー&ペーストでもオリジナルくらいの価値ある文章が書けます。

ホームページで起業

2014-11-04

ホームページで起業するには


インターネットが日常生活に浸透してから、インターネットショップ等の通信販売は我々の生活には欠かせない物になりました。インターネットショップなら家に居ながら商品を選ぶ事もでき、全国各地の商品を購入する事が可能になりました。

しかし逆にインターネットショップ等のホームページでの起業には事前に様々な準備が必要になり、それで開業した後でもホームページの維持費もかかりますので、いかに売り上げを上げるホームページを作成できるかが大きなポイントになってきます。

まずはホームページを立ち上げるにはキャッチフレーズやレイアウトを考える必要や、SEO対策を行ったりアクセス数を上げるシステムを作る必要が有りますが、これらは詳細な知識が無いと出来ない作業ですのでもし本人にそれに関する知識が無ければその知識の詳しいプロフェッショナルに依頼しないといけません。

依頼料も様々で人気の有るプログラマー等は依頼料も高くなります。

しかしアクセス数を上げるにはホームページの検索順位を上位に持ってくる必要が有りますので、そのシステム作りを依頼するとしても、依頼料が高い人に頼めば必ず検索順位が上がるかと言えばそれは開業してみないと分かりませんので、依頼する時も依頼する相手の実績もよく調べる必要が有ります。

ホームページを作成する知識とアクセス数を上げる為の知識は全く違いますので、起業する時は本人が両方の知識が有れば全く問題は有りませんが、知識が無い場合は知識のある人に依頼しないといけませんのでそれにかかる費用も用意しないといけませんので、全く無料でホームページでの起業をするのは普通の人では殆ど不可能とも言えるでしょう。

店舗に例えるとホームページの作成は店舗のレイアウトや看板、商品ディスプレイ等で通行人を引き付けるお店構えを考える知識が求められます。

アクセス数を上げる知識は店舗に例えるとその店舗を宣伝する広告であり、いかに人を引き付ける広告やホームページをアクセスしやすい場所にもってくるかでアクセス数も大きく変わってきますので、アクセス数が無いと当然売り上げも上がりませんので、その分野に熟知した人材が必要になってきます。

ホームページを起業するにはお金をかけたくなければ、より詳細な知識を持つ必要が有りますしその知識を得る努力を面倒くさいと思う人であれば、それなりの資金が必要になってきますのでそれは通常の店舗販売と同じ事になります。

とにかく知識か資金があれば起業する事は可能であり、誰でもインターネットショップを開業する事は可能です。

フレーム4分割

2014-11-03

フレーム4分割でホームページ

ホームページを見やすくするには、いくつかテクニックがあります。デザインを決める上でフレーム分けを考えます。分割しない・2分割・3分割・4分割のどれかに分割します。

割と最近のホームページは、4分割にして作成することが多いです。個人レベルのホームページの場合は、4分割フレームにします。1フレームにロゴやメインリンクの表示を行います。1フレームに各カテゴリリンクを表示させます。

1フレームにアフィリエイト広告を掲載します。1フレームの記事の掲載を行います。

表示のさせ方は、いろんなサイトを見ながら自分にあったものを選択します。ホームページのフレーム分けを行ったら各場所のHTMLの作成を行います。デザイン面が苦手な人は、無料テンプレート集がgoogle検索をして見つけることができます。

著作権についての記載を見て問題無い場合は、それを利用すると良いでしょう。無料テンプレートや素材で足りない場合は、カスタマイズを行います。カスタマイズが可能なのかも、調べておきます。カスタマイズが不可の場合もあるので、それも考慮する必要があります。

素材の作成も重要です。ホームページのデザインを決める上でも素材を上手く使う必要があります。無料素材だけでは、物足りない場合に自作を行いましょう。フリーのドローソフト「 Inkscape」を使って素材の作成を行います。Adobe Illustratorレベルの作品を作りたい人には、有効なソフトです。あとフリーの超高機能グラフィックソフト「GIMP」を使うことで、良いボタンやタブの作成ができると思います。

レイヤー、アルファーチャンネル、豊富なエフェクトやAdobe Photoshopのプラグインが使えて何でも多彩に行うことができます。この2つのソフトは、非常に多機能なソフトです。

素材作りを考えると使いこなせないぐらい多機能でもあります。シンプルなペイントレタッチが欲しい人は、「Pixlr Editor」が良いでしょう。シンプルで且つwebアプリなので、どの環境でも使用することができます。

インストールが不要で、簡単な編集やエフェクト追加に便利です。作った素材を各場所に配置します。

HTMLのソース編集ですが、自分に合ったエディタを使って編集を行います。「 Crescent Eve」を使って編集を行うと作業効率が上がります。HTMLタグ入力補完機能が非常に便利です。慣れてくれると、調べずにHTML作成ができるようになります。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作をする注意点を知って人に見てもらうサイトを作るAll Rights Reserved.