banner

ホームページをyahooに

ホームページをyahooに設定してみる

ホームページを作成する理由はさまざまです。自分の日記として残しておきたいから、あるいは何か気になることを伝えたい、また自分の写真を公開したいといった趣味や個人的な理由もあるでしょう。

またインターネットを通じて、商売を始めるために物販目的のホームページを立ち上げる場合もあります。そのほか、企業であれば自社の情報を広く認知してもらうため、広告の意味合いもあるでしょう。

このように立ち上げたホームページは、できるだけ多くの人に見たもらいたいという目的があるからこそ、インターネットにさまざまな情報を公開しているのですから、できれば少しでも多くのアクセスを期待するでしょう。

しかし、ただ公開しただけではほとんどアクセスは期待できません。というのも、公開したホームページのアドレス(URL)を探し出してもらう手段が無ければ、アクセスしたくてもできないためです。

実際に数えることが困難なほどのサイトがあり、URLを知らなければそのなかから適当にサイトを探し出すことは実際には不可能です。

そういったインターネットの問題を解消してくれるのが、検索エンジンです。有名なものに、yahooやGoogleがあります。この検索エンジンに新しいサイトを設定することで、新しいホームページを探し出してもらえるようになります。

どちらも検索したい対象のキーワードを入力することで、独自の判断を行ってホームページを順に表示してくれます。
ただしyahooには人力で良いサイトを探して登録されている、カテゴリー検索があります。特定の分野で注目するべきサイトが一覧になっているので便利でしょう。

yahooへの新しいURLの設定は簡単です。登録したいURLを、登録画面にセットするだけです。これで数時間後には、設定されたサイトを検索エンジンで見つけることができます。

もしアクセスがあったら、アクセスされた回数を記録しておくことも可能です。ホームページの内容に人気があれば、アクセスも増えてカウンタが活躍してくれるでしょう。

yahooにはそのほか、さまざまなニュースや天気予報もあるので、こういった情報を見たついでに、少し気になる事があればそのキーワードで検索を行ってくれるので、もし有益なサイトであればすぐにでも検索画面の上位に出てくることもあります。そうなれば、より多くの人に見てもらうチャンスが増えるでしょう。
このように、ホームページを初めて制作して公開した人でも、大きな可能性があります。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作をする注意点を知って人に見てもらうサイトを作るAll Rights Reserved.